スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


GBPUSD(2016-06-15 0:14)

GBPUSD
2015年.6月15日の週の1.5926を高値に中期下落トレンドの中,下げも最終局面に入ってきた感があります。下げ止まりの兆候はまだないものの,これから5-7週の間の安値が目先の大底の可能性を見ています。目先は1.3770付近に強力なサポートあり一つのターゲットですが,最終的な目標は1.3590の週足の節目ではないかという地合いです。従って,1.40の心理的な節目をした抜けした場合には,1.38台は揉めても下に突き抜ける可能性が多いにあります。1.3590を見た場合には,1.3330の週足のメジャーサポートまでが最大射程。しかし,5-7週内に1.3330にワンタッチした場合は,1.4200までの急反発の可能性があるので要注意。

とりあえず英国のEU離脱問題を材料に1.4880付近の72週の中央値を背に売り継続の地合いですし,最後のひと暴れがあり得るチャートとなっていますが,この夏以降は中期揉み合いに入りそうな予感。この半年ほどEURGBP売りにこだわってしまい,大損していますが,GBPUSDで最後に帳尻合わせを。。。

AUDUSD
インデックスチャート週足・日足でAUDは調整局面の可能性が出ていますが,AUDUSDは目先の高値を抜けて0.7520-40付近を引けで超えた場合には,0.7700より上の急騰の可能性があるでしょう。その場合には,EURAUDも1.50を割り込むのではないかと。EURAUDを利食いましたが,再度売り直しました。AUDUSDは一旦様子見するものの,急騰には追随する構え。。。

GBPは軟調で推移していますが,どの通貨も急騰・急落の強いトレンドを形成するに至らず,難しい地合いが続いています。嵐の前の静けさでしょうか。目下,日経平均は15,300の日足トレーディングゾーン下限線を目指す流れに乗っており,軟調地合いです。した抜けすると,その下は。。。14,150が節目に見えます。

ここ最近数年ぶりに一般の新聞を取って読んでいるのですが,不思議な解説を読むと非常に新鮮です(笑。株式欄などを見ていて素直に驚くのは,前向きな意見が結構多いということです。目先の日経平均のターゲット19,000円といった意見も先日見ましたが,全体的に明るい論調・経済認識が示されているように感じます。前向きなマインドというのは大切ですし,わたしも日経平均が10,000円を割れるようなことはまず無いと思いますが,世界的にこれだけ量的な緩和をして,マイナス金利まで踏み込んでお金をジャブジャブにしているのに景気が浮揚しないということは,そもそも景気が悪いということを示しているわけで。。。あれおかしいな。

需要が消えた時,つまり資金が回転しない社会には,資金は向かう先が無いのです。投資の出番はない。現代はアルファもベータも無い社会になってしまったのです。金余りを退治するのは,消費と,通貨価値を劣化させて実質的に貨幣を損耗させるインフレです。しかし金融政策としてのインフレは難しい。アルファもベータも無いのだから期待を持つことが難しいのです。むしろ地合いはデフレ。そうなると,財政再建論の議論としての正当性や意義・価値は認めるものの,必要なのは理屈はともかく,まず何より消費なのだと思います。消費したい層はいます。貧困層です。消費したいというか,潜在的な消費行動に対して,資本財が足りない層です。このギャップ,何とかならないのだろうかと思う今日この頃です。社会全体を幸せにするギャップの埋め方。。。

おやすみなさい。


2016.06.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


概況(2015-09-21 23:10)

EURUSD
本ペア,下げ循環に入ったように見えます。目先は1.1140付近に日足のトレーディングゾーン中間線があり,これが相場を支えているように見えます。これを切ってくると次は1.1070付近に日足の節目があり,1.1050-1.1150付近を何度か往復する可能性がありますが,結局1.1050を引けで切ると1.0500が視野に入るような形勢です。ただし,時間的には長くは拘束されない調整局面のように見えるので,月足で年内に1.0500を切らない場合は,大局的に見て,1.1500付近にある262日線を突破して大きな上昇に入りそうな感じには見えています。少し息の長い上昇に転じる前の,最終調整の最後の下げ局面という認識です。ただし,1.0500を切ってくると想定が変わるので,下値の射程にも注意が必要です。いずれにしても,1.0790以下は様子見ゾーンなので,突っ込み売りは回避の方向で。得るなら現レベル。

EURGBP
0.72台前半へ下げて反発しています。インデックスチャートでEURだけ見ているとEURクロス調整局面のように見えるのですが,EURとGBP,CHFは仲良しグループで弱い局面が続いてきているので,EURGBP下げの場合の射程が難しいところです。0.7180-90付近は多重サポートゾーンなので,0.72台が割れても0.7180-90を引けでキープしたまま推移した場合には,0.7190-0.7390のレンジ相場が継続する可能性があります。0.73台で売りそびれた筋は0.72台半ばで売りたい気持がありますが,0.7240以下は突っ込み売りになる可能性もあるので,少し注意が必要です。0.72台半ば以下では,利食いを挟みながらが吉かもしれません。

EURとGBP,CHFの仲良しグループとの対比はCAD,JPY,USDなので3つと3つでクロスで9ペアを色々見ると面白いかもしれません。どのペアでエントリーするか,思案のしどころですね。なお,先々週から少しずつEURCADのLongを構築中でしたが,2~3日見ない間によく分からなくなってきたので,痛いけど損切りました。ちょっと怠けていたのでバチが当たりました。笑

おやすみなさい。


2015.09.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


概況(2015-09-18 12:35)

JPX225
18050付近に重要サポート。これを週の引けで割り込むと17200トライのような流れに見えます。USDインデックスが現在修正局面で軟弱ですが,ドルのもう一段の安値方向の調整が始まると,株も直近底値をトライする動きが出てきそうに思います。

XAUUSD
ゴールドは1160-80が多重レジスタンス地帯。現在この節目をトライしようとする動きが見えるものの,基本的には週の引けで1190以上が示現しない場合には,戻り売り局面と考えております。1200ドルに乗せてくると1320付近までの続伸余地。

USDJPY
中期的なトレンドサポートが119円ジャスト付近にありますが,262日線が118.80付近で急接近中なので,そろそろ相場が動きそうな感じです。した抜けすると,117.40,115.20が節目のサポート。この辺までの下落は想定内。上値は122.40付近が鉄板レジスタンス。これをクリアしない限りは基本はじり安モードという感触です。

相場の節目が119-120付近に収れんしつつあるので,1か月以内に何か重要な動きが出るのではないかという感触ですが,下値方向が少し強いか。ドルの動きの反動が動意のベースという見立てです。CHFが少し持ち直し基調にあるように見えるため,世間でいう「安全通貨」への回帰の動きが出ればCHF,JPY高方向というのもあります。EURCHFの動きも注意。

つらつらと。。。



2015.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。