FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


NZDJPY週足

NZDJPY週足(2013/2/24)

年明けのエントリーで今年の記事は終わりの積りでしたが,珍しく気が向いたので更新(笑

NZDJPY週足20130224

わたしの分析用ExcelシートのNZDJPY週足チャートをご覧ください。図中の39の地点は2012年6月25日の週になりますが,ここから週足ベースでは上昇のシグナルが点灯している状況が見て取れると思います。わたしは2012年1月(図中の16の地点より)より一貫して60円からのLongをキープしていますが,図中25-28付近で売りサインが点灯し,その局面で一度半分を手仕舞いにして様子見しましたが,再度262週移動平均(水色線)を超えてきた図中59の地点で66円の買いを立てて現在に至っております。

先週は上昇トレンドに一服感が見られ,反落の可能性が出始めているようにも見えます。特に週の引けで78.40を下回った状態が2週続くような場合には,図中25-28付近の反落局面と材料が酷似していることから,一度調整局面に入るような気がしています。年初のエントリーで2月25日の週は節目の日柄になり得るとしていましたが,何だかそんな感じになってきました。しかし,最終的には大きな上昇トレンドの中の一つの調整局面というふうには見ています。

さて,それで目先反落するとして問題は射程となります。まだ下げのシグナルが点灯していないので何とも言えないのですが,調整局面に入るとすると現時点では少なくともサポートの71.20付近,それから大きく調整するなら66.90-67.10付近が大きなサポートのように見えます。週足のトレーディングゾーンのセンターライン(青太線)と5年移動平均線(水色線)が65円付近で控えていることから,よもや65円が週足で切れてくるということは無いと判断していますが,まぁ深い場合には65円台示現は可能性としてはゼロではないでしょう。

週足のトレーディングゾーンのセンターライン(青太線)が5年移動平均線とクロスして立ち上がってきていることから,大きなうねりとしては上昇の中にあるという判断は継続ですし,この二つのラインがクロスしたことから,逆にここからトレンドが加速するという可能性もゼロではないですが,いずれにしてもこれから6月までの相場は荒れ模様の可能性が出てきていると言えそうです。上は80.40に巨大なレジスタンスラインが控えており,これを突破してくれば94円の次の巨大レジスタンスまで余り止めるものが無いようなチャートになっていますが,さすがにこのタイミングでそれを狙いに行くのはちょっとタイミング的に早すぎるような気がしています。2015年に94円示現というのがチャート的には美しいように見ています。

ではまた。


2013.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。