FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


円安トレンド展望

円安トレンド展望(2013/1/15)

誰も読んでいないと思いますので,本当の独り言になります。数年ほったらかしにしておりましたが,気が向いたので今年最初で最後かもしれないコメントを投稿いたします(笑

既に皆様お気づきの円安トレンドの再開ですが,今日は10年分の週足の円インデックスチャートを眺めていて,再度日柄について確認を行いました。2012年の秋頃から顕在化してきたように見えている相場ですが,今日の詳細分析からは,円安トレンドの起点は2012年4月2日の週ではないかと見ています。それで,現在の1ドル90円くらいまで下げている円安トレンドですが,とりあえずの目先の日柄的なターゲットは2013年2月25日の週という感触を持っております。既にかなりやり過ぎ・過熱感がある相場付きですが,とりあえずあとひと月はズルズルと円安気味ではないかと思います。ただし,値頃感からいうと1ドル90円は売りの出る水準でもあるので,1か月の揉み合いという可能性もあります。

ここから先,日柄の検討をドル円でみたいと思います。次に大事な日柄は,2013年6月4日の週に見えます。2月末から3月初めに反落をみて,その後6月最初の週で2番底を形成する動きか,もし仮に6月までに95円を超えてきたら逆に105円付近を6月に狙いに行く可能性もゼロではない。ともかく,6月初めの日柄が一つ節目に見えます。変化のタイミング。

その後は,基本的に円安トレンドは2016年11月7日から2017年1月9日の間に迎えるであろうと予想されるドル円の天井(円安トレンドの大底)形成まで継続のように見ていますが,今回は110円を超えることは無いのではないかというのが第一感です。したがって,2013~2014の間にスルスルと100円台に乗せることがあれば,その後は95-110円のレンジ相場という見方が出てきます。逆に,今回の盛り上がりが早い段階で一旦天井形成に向かい,90-95円でキャップされる場合には,再度80円付近での底形成を見て,それから急騰で110円を目指すというラインが見えてきます。その場合は,オーバーシュートがありうるので,月足で見ると110円を超えないが,瞬間的には118円台は射程圏という見立てになります。現時点では,ジリジリとした値動きの数年単位のレンジ形成なのか,もみ合い・急落を挟んでの急騰115円オーバーなのか,まったく分かりません。

ひとまずは,目先は2013年9月第一週のレベルで判断が一つの判断材料になるでしょう。その時点で95円以上のときは,基本は数年単位でジリジリの上げ基調のレンジ相場・急騰無しのシナリオの確度が高まると考えます。90円台以下の時には,2014年8月19日付近に大きな80-85円付近での2番底を形成する調整を経て,最終的には2016年11月を目指しての110円オーバーの確度が高まるでしょうか。90-95の間の場合には,よく分かりません。いずれにしても,最終的なトレンドの終着点は2016年11月以降,2017年早々ではないかと考えております。

では,皆様にとって良い一年でありますよう,お祈り申し上げます。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2013.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。