FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


概況(2/20)

13:30

USDJPY
週足でもラウンドボトムを形成して上昇トーンという感じになってきました。本格上昇に移行する場合には,約20週の上昇が見込まれるという感じではないかと見ています。特に105円絡みは重要な節目に見えます。今年末から来年にかけて80円方向をトライする場合にも,一旦100円越えをする可能性があるでしょうか。

目先のレジスタンスとしては,日足ゾーン上限が94.50付近に控えており,また5週バインドの上限線も94.90に位置している状況です。これをテイクアウトしてくると週足の基準線と重なる年中央線の99円が視野に入るという感じでしょうか。週足の方向指示線が90.80-90付近で今週は下降から上昇に転じようとしているように見えるので,週の引けで91円台を割らない限りはしばらく上昇のような感じがしています。一旦反落の場合にも,92円台Lowの日足の方向指示線で止まれば強いトーン。一旦同ラインが切れて89.90付近の日足ゾーンの中間線まで押しても,引けで91円台に戻ってくる場合は,同様に強いトーンという感じで見ています。

なお,数ヶ月単位の大局では前述の104.50付近に位置する週足の大きな節目,中長期サポートラインを回復しない限り大きな下落の中にいると判断しています。ただし,今後100円を越えることがあった場合に,その後の反落局面で95円を割らない場合には,既に底入れを済ませている可能性が芽生えるという月足になっているため,95円付近を越える場合には,中長期ポジションであっても目先Shortは閉じる必要があるのではないかと考えております。

ところで,今朝のニュースでダウが6年4ヶ月ぶりの安値という記事が出ておりました。ピンと来た方もいらっしゃると思いますが,6年4ヶ月というと6年が72ヶ月,プラス4ヶ月で76ヶ月になります。ダウ工業30種,ユーロドル,あるいはユーロのインデックスチャートの解析をしておりますと,72-78ヶ月というのは大きなサイクルの節目日柄になります。米国株・日本株が下げる中でドル円が逆行高になり,目先の底を付けた可能性がある動きを見せているのは,上記の日柄の面からも興味深い動きのように感じます。昨日の今日で直ぐに判断はできないのですが,米国株は最終下げ局面の可能性があるのではないかと感じています。日本株も6800円を月足できらなければ一旦下げ止まるのではないかという気がしています。

あるいは,別シナリオとしては,月足で6800を割り込む場合,あるいは月中に6450円を割る場合には,本年9月に向かって大きく下げ,そこが目先の大底というようなチャートに見えます。いずれにしても,次の日経平均の大きな天井候補日柄は2011年5月ですので,どのようになるのか着目です。

話が少しそれましたが,今回の米国株下げの中のドル円の逆行高は個人的には株下げが間違いではないかという気がしています。その場合には,日経平均はレジスタンスの8350-8550を越えてくると共にドル円も105円というのがチャート的には美しいのですが。

USDCAD
個人的には1.20をいずれかのタイミングで月足でしっかり割り込んで1.04-05まで再度落ちていくのではないかと見ていましたが,下げ渋っている間に月足が上値突破をうかがう形を徐々に形成しつつあります。1.31を週の引けで越えてくると,1.46目掛けて暴騰という芽が出てきますので,Shortストップを1.31越えに。1.19-20が大きなサポートゾーン。これを切ってくると,1.13が視野に入るのですが。

AUDUSD
0.6680が週足・月足の重要レジスタンスラインに見えます。これを突破してくると,大局ではAUD下げが完了し,0.7380付近までの戻り相場に入りそうな感じがあるのですが,3月末の時点でどうなっているか。3月末で0.68を示現していると,結構直ぐに0.75トライという見立てです。その後,2-3ヶ月の短い調整を経て年末から年始にかけて0.74-75でダブルトップを形成し,0.63を固めなおしというのが,チャート的には一番美しいのですが。いずれにしても,目先大きな底を付けたかどうかの判断は0.67乗せで判断を。


ドル円のところでも触れましたが,色んなところで節目の日柄が意識される局面のように見えます。ファンダメンタルとしては,米国債10年物の2.25%付近が大きなサポートラインに見えるので,3%を真っ直ぐ越えていくのもなかなか難儀ですが,2.5-3.1%付近で米国債が逡巡する場合には,相場がやや小康状態になるのではないかという感じがします。リスクテイクとまではいかないまでも,換金売りの投げという状態が脱するきっかけが見えているような気がするのですが。

細々書きたいことがあるのですが,時間があまりないのでこの辺で。




2009.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。