FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


概況(10/24)

22:59

GBPUSD
1.5640は上値の一つの節目なので,これを上回ってくると1.60台まで戻ろうとする流れが出始めるようなチャートになっています。1.6110が上値の大きな壁なので,1.61を越えるのは難しそうですが,1.56を引けで越えて今日を終えたら,もしかすると先ほどの底は今年の大底の可能性が。突っ込んで売った筋はポジション整理が必要かもしれません。わたしは1.55台でうったポジションを投げました。1.53くらいで利食っておけば良かった。ガッカリ。1.5860と1.5970は短期チャートの節目。

GBPJPY
先日のコメントに書いたマルチイヤーLow候補の138円には届かなかったものの,ほぼそのレベルに到達したことから,一相場終わった感があります。152円以上に戻すのは絶望的に見えるチャートになったままですが,ここから先少し140-150で揉み合いに入るかもしれません。ただ,ボラティリティが高いので,安易に手を出すとアッサリ飲み込まれそうですが。
--------
20:41

USDJPY
90円台に突っ込んだ後92円まで戻していますが,まだこれで下げ止まりと思うのは早いかもしれません。一応週足的には,90.80-90が切れてくると,83.55-75付近が視野に。最近変動幅が大きくて,チャートのどのラインをコメントに書くべきか迷うのですが,90.80は週足の循環的で調和的な変動の2.618倍幅のラインで,83.55付近は4.236倍のラインになっています。ということで,先ほどの90.90付近というのは,ある意味週足からはピッタリかもしれません。ただ,先ほどのコメントに書いたように,93.20-30付近は月足の節目なので,これを下回るレンジは,急落モードのトーンになっています。月末も近いですので,月末にかけて93円台半ば以上に戻して引けるかどうかは今後を占う重要な鍵を握っているような気がします。10月末で93円台半ばを割り込んでいるようだと,来年4-5月に向けて83円台は十分射程範囲。
----------
15:10

USDJPY
随分と下げてきました。週足の節目が95.05に見えるのですが,これをきると,月足の次の大きなサポートは93.20付近。95円の攻防という感じdすね。上値は,96.80-90付近と,97.45付近に大きなレジスタンス。その上は99.40-50付近まであまりレジスタンスは無いので,急反発で97円台半ばを越えてきたら一旦Shortは本格的に利食いモードという判断をしています。ただ,越えない場合には,Short継続。

EURUSD
1.30台乗せは遠かった感があります。引き続き1.28台Mid-Highが相場の節目。これをなかなか越えられないような相場に見えます。昨日は1.2960でShortにしていましたが,とりあえず1.2770で閉じました。あまり欲張らず。

再度戻り売りを志向しています。特に1.2860,1.2960のラインを注視。1.3030-50を越えてくると,1.3280-90付近。

GBPUSD
壊れてしまっています。1.5800を抜けると,1.50割れまで再度フリーフォールの可能性が出てくるので,1.58台は重要という感じです。そうなると,GBPJPYも138円が視野に入るというところでしょうか。

CADCHF
0.9180付近は日足ゾーンの2倍幅下限のある重要ライン。これを切ってくるともう一段下げて,週足ゾーンの2.618倍幅のある0.86Midが視野に。CADクロスの弱さはまだ続いているような感じがします。さすがに値頃という感じがするのですが,底値拾いがまだ怖い状況です。

AUDUSD
底が割れて0.61以下へ行きそうな予感。ただ,最大で0.6750-80付近まで戻りそうなので,売りは引き付けて。Short継続。ただ,0.68台に乗せてきたらポジション整理。


簡単ですが,とりあえず。


2008.10.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。