FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


概況(10/23)

13:15

USDJPY
96.80付近に24時間標準変動幅の下限が目安としてありますが,既に相場が標準ではないのであまり参考にはならないかもしれません。ただ,戻り売りポイントとしては同上限線の98.40付近がキーに見えます。大局では99.35-45を越えない場合には,続落モード。

なお,下値は94.21が光っています。それを抜けてくると,90.50に短期チャートと日足チャートの放たれターゲットが重なって見えているような状況です。今回は,年初来安値の95円台はあまりサポートにならなさそうな予感。

EURUSD
1.2835-65付近はやはり相当に重たいように見えます。これを越えないことには,1.26方向へ寄せていく流れの中にあります。短期チャートはレジスタンスが急速に降りてきており,下押し圧力の高まりを示唆していますが,逆に1.3050-60付近を越えてくると,ちょっと相場が落ち着いて,最大で1.3260-80付近まで戻る可能性がありますが,現時点では1.3050越えは望み薄。落ち着いて戻り売り。

なお,最終的なターゲットとしては,年末まで1.25-1.26台を守ったとしても,年初から1.22方向へ急激に寄せる動きに移行しそうな感じが出ています。底釣りは厳禁。1.30台半ばをしっかり引けで越えてくるまでは,ひたすら戻り売り。戻り売りポイントは1.2860付近と1.2920-30,1.2960付近。特に1.2960は重要。

GBPCHF
1.8550は重要な週足引けのサポートラインである週足ゾーンの2倍幅の下限になります。ここを割り込んでくると,メルトダウンで1.7000の大台割れの1.6630が視野に入ってくるので,GBPJPYもお付き合いで138円となりそうな予感。今週と来週の本ペアの週の引けの位置は重要です。値頃のLongも分かりますが,ポジションを週を越えてまたがず,またストップを1.8450以下にしっかり入れる必要がありそうです。上は2.0000が鉄板。

CADJPY
メルトダウンが進行中。USDCADが1.24台を割り込んでCAD高方向の修正モードで戻ってこない限りCAD安トレンド途絶えずという感じがします。重要なサポートであった週足ゾーンの2.618倍幅84.80を割り込んでしまったので,目先は月足の放たれ目標68円を目指しているように見えます。菜種などをカナダより輸入する実需筋は30年に一度のカナダドル買いの好機。


株がそろそろ買いどき。<-口座も持っていませんが(笑


2008.10.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。