スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- | | スポンサー広告


概況(2016-11-29)

EURGBP
Long点灯。目標0.8880。GBPのインデックスチャートで見ても,GBP頭打ち傾向。反転・下落の予感。

GBPJPY
139.70でショート待機。

NZDCAD
0.9500でLong中。ターゲット0.9750。

GBPAUD
1.6740からショート中。1.6220付近がメジャーサポート。様子見。

USDJPYで101円付近のサポートを抜けられず,マグマが一気に噴出する壮大な上昇を見せましたが(JPY下げ),JPYインデックスチャートで見ると先週金曜日に262日線にぶつかって,下げ止まった格好です。USDJPYは108.50-60がキーサポートの状況ですので,JPYインデックス上の中期的な節目にぶつかり,支えられ,一旦JPY上昇方向(USDJPY下向き調整方向)の動きが出るかもしれません。

スポンサーサイト

2016.11.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


USDJPY重要局面(2016.10.20 2:25)

USDJPY
皆様こんばんは。誰も読んでいないと思いますが,記事を地味に更新。USDJPYが重要局面に差し掛かっているように見えます。現在5年移動平均が101.20付近に位置しております。6~9月で3回99-100円付近で激突しながらも,週の引けでは切れずに守っております。が,いよいよチャート的には下に抜けるか,跳ね返されれば大きく108円方向に動くかの,分かれ道に差し掛かっているように見えます。

個人的には下に抜けるのではないかと思っていますが,抜けると目先99.40付近に一つ節目がありますが,これは余り支えにはならないので,96.40が大きなターゲットではないかと考えています。2-3週の内に週の引けで101円台が割れた場合は,96円方向に警報がなっています。お忘れなく。

なお,上向きの動きに移行した場合には,106.00に岩盤のレジスタンスが見えます。その上は108.90付近。この2つを上に抜けるのは非常に厳しいように見えるので,大局的にはストップを遠目において,粘り強く売りに回る局面ではないかと考えております。そういう意味で,USDJPYとCADJPYでショートポジションを構築中です。

EURGBP
3日前から売りマークが付いており,0.90台Midでショートを持っています。このまま大崩れすると,0.83-84付近が大きなターゲットです。ただし,本ペアは基本的に中期的な上昇トレンドの中におり,0.8620付近に強固なサポートがあるので,下落があったとしても0.86-87の攻防はかなり激しく膠着に陥る可能性も高し。膠着が長引くと,再度0.90方向へ。しかし,0.86が割れると一度調整局面に入り,0.8380以下が見えてくるという見立て。さていかに。少し気長に待ちますか。

10月初めのGBPクラッシュで大きな痛手を負いましたが,なんとかクラッシュ前のところまで戻してきました。深く考えずに値頃感でGBPJPY買いに回っており,死にかけました。相場は恐ろしい。改めて値頃感トレードのダメさを確認しました。今更ですが。それで目が覚めて,最近少し人手で売ったり買ったりしています。頭を使うと,禿げますが,楽しいですね。髪が少し寂しい今日この頃です。ではおやすみなさい。


2016.10.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


USDJPY中期展望の日柄

USDJPY
ドル円,日経平均などの中期展望のコメントを,というお便りを頂いたので,少しだけドル円の日柄について更新。日経平均は最近チャートを見ていないので,コメントはまた別の機会に。

2014年11月24日の記事でドル円は2015年前半に目先のピークを迎えて,2016年にもう一度高値を更新して下落に転じると申しておりましたが,その2016年のピークは来ないまま,2015年8月より調整局面入りしています。2016年にかけては,まだ戻り高値を試す可能性を残した調整地合いの相場と想定していましたが,皆様ご存じのようにすでにはっきりした下落に入っております。日柄から言うと,週足の中期展望のチャートは2016年12月頃に円高の一旦のピークを見るような感じになっています。その後,やや戻すものの,次は戻りの動きの弱いじりじり下げを2017年5月頃まで引きずりながら,最後は2017.6-9月にかけて大きな底を付けに行くのではないかと考えています。

その後は,2017年に想定する底の深さにもよるのですが,2018年12月に更に大きな底を付けるか,2017年9月想定の底が抜けなければ,2018年12月以降は明確な上昇トレンド入りとなるのではないかという気がしています。月足・四半期足をちゃんと見ていない週足だけの感触ですが,日柄は以上の通りです。何かのご参考になれば。。。

今朝は,この乱高下で朝から60万円ほど持っていかれてしまいました。EURCHF買いのオーダーを入れていたのを失念し,気が付いたらポジションは無いし,びっくり。英国のEU離脱投票は今日投票で明日開票かと思っていました。最近テレビを全く見ないので,少し情報がずれていました。離脱するのかな,どうなんでしょうね。

EURUSDは下げてますが,現在日足のトレーディングゾーン下限線付近で,もみ合っています,1.10台が割れると,次は1.0880付近がキーサポート。これが切れると1.0000に向かうのではないかという重要局面です。EURCHFも買うのが今日ではなくて,昨日なら。。。EURUSDが1.0880付近を切らずに行くと,EURCHFも1.1150付近へ急騰する可能性もあるんですよね。乱高下相場は難しいです。ではまたー。



2016.06.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日の歩み


«  | HOME |  »

プロフィール

幸太郎

Author:幸太郎
年齢:39歳
生業:元会社員
性格:夜行性
好きな言葉:強気相場,放たれ,追撃買い

デイトレチャート

TZC

月別アーカイブ

メールフォーム

ご相談,お布施のお申し出,求婚等々,何なりと(パクリ) ただし迅速なる返事のお約束はできませぬ。

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。